資産運用の為に海外fx業者を利用しよう|スプレッドが狭いのが利点

お金

取引は慎重に行う

c0banは比較的新しいサービスである為、広告を見てためるアプリが重くなったりつながりにくい場合も少なくありません。仮想通貨全体的に元本われとなるリスクがある為、分散型投資の中の一金融商品として取引しましょう。

詳しく見る

円とドル

業者の信頼性を確かめる

海外fx業者は日本のfx業者と違い、実際に通貨を取り引きするため、スプレッドが変動するという特徴があります。最小スプレッドだけでなく、平均やリアルタイムなどの情報を公開していて、信頼できる業者を選ぶことが大切です。

詳しく見る

お金

安心して利用可能な通貨

c0banは日本の企業がサービスを提供する仮想通貨で、一般ユーザーも投機目的のユーザーも気軽に参加可能です。動画広告の視聴によって得られたc0banの通貨は、複数の利用方法があり、投機目的での運用もできるようになっています。

詳しく見る

海外のFX業者の利点

お金とグラフ

国内業者との相違点

外国為替の証拠金取引(FX)は、個人投資家の間で人気のある資産運用取引です。FX取引を行うには証拠金取引を行う為のFX口座を開設する必要がありますが、FX口座を開設することが出来る業者には国内FX業者と海外fx業者があります。海外FX業者とは、その名の通り日本ではなく海外に本拠を置く業者です。日本のFX業者との大きな違いは、海外fx業者は日本に店舗を有していないケースが多いため、口座の開設手続きや取引時のサポートを受ける為にはオンラインツールを利用しなければならないという点です。他方、海外fx業者には日本のfx業者には無いメリットも多くあります。まず第一のメリットは取引に際してかけられるレバレッジが日本の業者よりも高いという事です。日本のfx業者は日本の法律に規制されているため、一定のレベルを超えるレバレッジをかける事が出来ませんが、日本の法律に規制されない海外fx業者では高レバレッジをかけて取引をする事が可能です。また業者によっても異なりますが、海外fx業者は日本の業者がオファーしているスプレッドよりも、スプレッドが狭いケースが多いです。スプレッドとは取引時における売値価格と買値価格の差の事ですが、スプレッドが狭ければ狭いほど取引者には有利になります。日本のFX業者の場合、主要通貨のスプレッドは3銭から5銭程度という業者が多いですが、海外業者の中には1銭を下回る水準のスプレッドを提示している業者もあります。